2020年5月1日金曜日

フリゲートでアビサル・ソロ攻略

ヌル探検についての記事を先に投稿するつもりでしたが、アビサルデッドスペースのイベントが始まったので、急遽アビサル攻略について書くことにしました。

アビサルは金策手段の一つとして「探検のすゝめ」シリーズがひと段落した後に当ブログで扱う予定でした。
何ヵ月か前のアプデで収入が半分以下になり、さらに最近のアプデでレジ上げモジュールのナーフが入って攻略難度が上がったので、リスクに対して儲けが少なく金策としてはそんなに美味しくないものになってしまいました。

ただ、この度のイベント報酬でもらえるスキルポイントがかなり多い(0が1つ減った?)ので、この機を逃すのはもったいないです。

今回は簡単にイベントタスクを消化したい方と、フリゲートPVPをしたいが船代を稼ぐのに難儀している方に向けた内容になります。
2020/5/3追記:記事の最後にT1アビスを攻略できるT1クルーザーの参考Fitを追加しました。

アビサルデッドスペースは景色が独特なオモシロ空間なので、観光がてらスキルポイントとそこそこのお土産をいただきに潜ってみましょう。


【アビサルからの収入目安】

アビサルデッドスペースに潜れる船は2種に限定されます。巡洋艦(T3を除く)とフリゲートです。
巡洋艦での攻略はソロ限定です。
フリゲートは本来3機のフリートでの攻略を想定したもので、潜るためにフィラメントを3つ消費しますがドロップも3倍になります。金策としては通常単騎フリートか複数のアカウントを使って攻略し、3倍の収入を独り占めにします。

収入の目安としてT1アビスのフリゲートソロで1回潜って5~10M。
T4アビスに巡洋艦で潜って30M。
T5アビスは最近潜っていないので情報が古いですが50Mくらいでしょうか。
儲かっていた時期だと一発100Mで400~500Mで売れたスキルブックも頻繁に手に入っていたので宝の山でしたが、今では見る影もありません。

T2アビスはフリゲートソロで攻略できますがリスクが高く、T3に関してはフリゲートソロでは無理だと思います。フリゲートで安定して回すにはT2は2アカウント、T3は3アカウントを使うことになります。巡洋艦単騎なら簡単ですが収入が三分の一になるため、金策目的で潜る価値はありません。
中にはT4やT5を3アカを操ってフリゲートで攻略する強者もいますが、収入が3倍になるとはいえ難度が高すぎます。


【アビサルのリスク】

アビサルフィラメントの種類によってボーナスとペナルティの種類が決まっています。
ペナルティはリスクと思いがちですが、事前に対策できるし、逆に利用すれば有利になるので実質ボーナスと考えた方が良いでしょう。

例:ダークフィラメントのペナルティはタレットの追跡速度減少と最適射程距離の減少ですが、こちらがミサイルならペナルティの影響を受けずNPCのタレット攻撃が当たりにくくなる。

ならばリスクとは?
最大のリスクはコネクションロストとゲームのクラッシュです。
アビサルはNPCのDPSが高く、操作不能状態が1分以上続くと船が沈む可能性が高いです。また、船が沈むとポッドkillされるのでインプラントも燃やされてしまします。
原因がCCP側にある場合、サポートにチケットを発行したら失ったものを補填してもらえることがありますが、確実に保証されるわけではありません。

私は去年末までMac版でプレイしていました。今でもアルファのAltでMacを使いますが。
Mac版はバグが非常に多く、不安定で頻繁にランチャーがクラッシュします。というかむしろOSまでクラッシュさせることの方が多く、クラッシュ→OS再起動→EVEログインまで3分以上かかるので、ログインした時にはほぼJita4‐4の中にポッドで浮いていることになりました。このパターンで3隻のギラとインプラントにサヨナラされて悲しい思いを…。
Mac版でプレイされている方は特に注意が必要です。
Mac版はまともにプレイできないレベルのバグがひと月以上放置されることもよくあるので悲しいです。ひどかったのはマップと目的地までの進路が表示されず、ソーラーシステムマップを開いても何も無しでプローブも映らないからシグニチャをスキャンしようがなく、ドックアウト直後にワープしようものなら100%クラッシュするなど多数の深刻なバグが重複した状態で2か月近く修正されなかったり、最近では宇宙空間でモジュールや船のHPやキャパシタのUIが見えない状態が1週間以上続いたり云々、、

2番手のリスクはNPCとガス雲や装置など範囲のある環境効果の組み合わせが決まっていないことです。
十分余裕で攻略できる船に乗っていてもNPCと環境効果の組み合わせが極悪のパターンを引いてしまうと難度が飛躍して危機的状況に陥ります。もしもの時のコンバットブースターはお守りとして携帯しておくのが望ましいでしょう。


【アビサルの概要】

アビサルデッドスペースの概要は下記記事で一通り理解しておきましょう。
前情報なしに突っ込むと死にます。

BOSP EVE ONLINE WIKI
Abyssal Deadspace(アビサル・デッドスペース)について
Abyssal Deadspace(アビサル・デッドスペース)攻略メモ

記事の情報が現在(2020/4/29)の仕様と異なる点があります。

・T4、T5に潜るときにセーフティロックをはずす必要はありません。
・T4、T5アビサルから脱出しても容疑者フラグはつかなくなりました。
・ペナルティについて、T1、T2は30%、T4は50%で固定ですが、T2、T3は30か50%、T5は50%か70%でランダムになります。(2020/5/9追記T2は固定ではありませんでした。T4とT5は未確認です。)
・トリグラ艦からスポーンするドローンは無限湧きではなくなりました。

間違っていたらごめんなさい。


【イベントのタスク消化効率とTier】

金策よりもイベントタスクをさっさと消化して簡単にスキルポイントを手に入れたい場合、フィラメントは自分にとって適したものを選択すると良いです。

上位になるほどNPCの数が多くなるのでT4、T5を1回潜ればタスクを一気に消化できますが、使用する船の値段が高くなります。T4は安く見積もっても500Mから、T5は1B以下の船で潜るのはリスキーです。

下位であれば手ごろな船で簡単に攻略できますが、NPCの数が少ないのでタスクの内容次第で何度も潜ることになる場合があります。
ちなみにT1アビスの場合、一つのアカウントは30分で、別のアカウントは2時間かかりました。

各Tierについて私の感想を下に書きますので、自身にとって適したTierを選択して楽しみながらタスクを消化できるようにしましょう。

各フィラメントと船のFitの方向性が分かっていないとまともな船が組めないと思うので、「とりあえずクルーザーでT1から試してみるか」となったらYoutubeで「EVE Online Abyss T1」とかで検索して実際の攻略を見ることをお勧めします。
注意点として、簡単に攻略しているように見えて、実はたまたまNPCや環境効果が楽なパターンを引いただけで、2回に1回落とされるようなFitの動画もあるので気を付けましょう。私の基準では100回に1回落とされる可能性がある船は「リスキー」と判断しています。

T1アビス
フィラメントの種類に適したクルーザーならT1艦で簡単に攻略できる。
安価なFitのT1フリゲートのソロでもそこそこの練度があれば攻略可能。

※「簡単」とか「難しい」の個人的な感想はあいまいなので捕捉すると、Lv3ミッションをT1バトルクルーザー(Faction艦を除く)で楽にこなせる方にとっては「簡単」、くらいの意味合いです。
危なくなったらすぐに脱出できるミッションとは違って、アビスはNPCを全滅させないと出られないので、危機に陥らないように船を動かしたり、モジュールのオーバーヒートを切り替えたりの操作ができないと厳しい場合があります。
後述するホークであれば、高額FitのラトルスネークでLv4ミッションを実行する、くらい簡単に攻略することができます。

T2アビス
T2モジュールを積めばT1クルーザーでも十分攻略可能。海軍仕様なら簡単。
フリゲートソロでの攻略は難しい。
収入面ではT1アビス・フリゲートソロと同等がそれ以下より少ない。
収入が3倍になるフリゲートソロは難しくクルーザーでは儲けが少ないという理由から、フィラメントが二束三文で取引されているが、イベントタスクを少ない投資で簡単にこなせると思われるのでイベント期間中はフィラメントが高騰しそう。

T3アビス
簡単に攻略するには下位アビスと比べて船への投資が高くなりがち。
このTierを簡単に攻略する王道として総額300M程度の安価なパッシブシールドFitギラでFierce Gamma(T3フィラメント)に潜るというのがある。
腕前次第でカラカルやベクサー等のT1CCでも攻略可能。
船代をポンと出せるiskがあるならタスク消化の効率とリスクのバランスが一番良いかも。
このTierから最終ポケットで出口とは別の1on1PVPするための空間につながるゲートが出現するので注意。出口のゲートはアクティブになると正三角形に展開する「Origin」の方。

T4アビス
ある程度アビス慣れしてないと高い船でも攻略が難しい。
T3と比べてNPCの数がかなり多くなるので、タスクのNPCを全て引き当てれば一発で消化できるが、出なければ何度も潜る必要があるのは同じ。
収入としては時給100M程度。

T5アビス
T4よりNPCの数が増えるが、T4で十分な数が出るので、タスク消化の効率はおそらくT4とほぼ同じ。
難度が飛躍的に上がるので、T5はT4アビスを余裕で攻略できるようになってから。

※このTierだけ、入ると同時に出口ゲートが開く特殊な部屋があります。
ポケットは1つのみで即脱出可能。ゲートまで30km。
100kmのところに高価な品が詰まっていると思われる宝箱が一つあり、その辺りにレシャクが13~15隻、フリゲート級のローグドローン(スリーパーだったかも)が3~6機。
もしこの部屋に入ってしまったら即脱出しましょう。レシャクの射程に入ると強烈なニュートとトリグラ砲で殺されます。Fitしだいで瞬殺級のダメージを喰らうので注意です。
威力偵察をする場合は即ジャンプできる距離まで出口ゲートに近づいた状態でした方が賢明です。


【T1アビス・ソロフリゲート攻略】

もともと金策手段としてアビサル攻略を紹介するつもりだったと書きました。
時給100M以上の金策としてT4攻略を予定していたのですが、ドロップ減でぎりぎり時給100Mに届く程度になったので、状況が好転しない限りお預けにする予定です。
気になる方はYoutubeにたくさん攻略動画が投稿されているのでチェックしてください。

T4攻略のための前段階の入門編としてT1アビス・ソロフリゲート攻略も予定していました。こちらも同じくお蔵入りにしようかと考えていましたが、おあつらえ向きのイベントが始まったので、今回の記事で扱うことにします。

先にフリゲートPVPをしたいが船代を稼ぐのに難儀している人の金策手段として、次にタスク消化に軸を置く簡単なソロフリゲート攻略です。


【金策とPVP訓練を兼ねたT1FGソロ・アビス攻略】

想定していた内容は、フリゲートPVPがしたいけど船代を稼ぐのが難しい段階のプレイヤーに向けた、操船訓練を兼ねた金策法です。

理由
・T1FGでアビスソロ攻略はPVPより程よく簡単で、戦地へ乗り込む前の肩慣らしにちょうど良い。
・固いNPC戦艦が出なければ5~8分くらいで攻略できて、3回潜れば十分なFitのフリゲートが組める(T1FGのガチPVPFitで10~20Mだと思うので、余ったiskでコンバットブースターも買える?)収入。

という、今日の船代は今日稼ぐ、宵越しの金は持たない粋なPVPerとしてPVP道に専念できます。スキルトレーニングもフリゲート関連にガン振りできるのでその点も良いですね。

また、PVP練度の目安にもなります。
安価なFitのT1FGだとモジュールのオーバーヒート(オーバーロード)は攻略に必須になるし、相手の戦力や性質に対応した立ち回りを意識しないと簡単に船が落ちます。
この程度の操作がこなせなければローセクに乗り込んでも「瞬殺された上にどうやって殺されたのか理解できない」ことになり、船を失った経験から学べることは少ないでしょう。ベテランからのアドバイスを頂けることがありますが、こちらの練度と知識がある程度ないと要点を理解できません。

船の性質とFitの試行錯誤の練習にもなります。船を飛ばす全てのコンテンツに当てはまりますが、フリゲートPVPは中でもシビアなチューニングになるので、T1アビスを攻略できるFitくらいは組めるようになった方が良いでしょう。
短時間に火力とタンクのすべてをかけるフリゲートPVPとはFitの方向性が異なるのが残念ですが、不適当なFitだと簡単に落とされるのは同じです。

下のFitを参考にするもよし、お気に入りの船で攻略に挑戦するもよし、興味がなかった船に着目して可能性を追求するもよしです。

参考Fit
このケストレルでCalm Electrical(T1)に潜ります。
キャパシタはアビスのボーナスによって安定します。
ロケット弾はペナルティのEMに合わせてミョルニールにしています。
通常はスタンダード弾で、Rage弾は落とすのに時間のかかる固いNPCに対してのみ使います。Navy弾は高いしスタンダードとT2弾で十分なので使いません。
DPSはT2弾で130以上は欲しいです。運が悪いとローグドローンやスリーパーの固い戦艦が連続で出ることがあって、DPSが低いと時間切れで死んでしまいます。3ポケット全てこれらの戦艦だったことが一度あって、150dpsで制限時間いっぱいまでかかりました。
コンバットブースターはもしもの時(よくある)のために常備しておきます。
オーバーヒートでモジュールが燃え尽きると帰ってこれなくなるのでナナイトも積んでおきましょう。
この船でタスク消化までの攻略を撮影してあるので記事の最後に載せておきます。
アビス未経験の方はこれで雰囲気をつかんでください。

ちなみに使ったアカウントの所持スキル一覧です。これも参考までに。


【なるべくコストを抑えたフリゲートで簡単なソロ・アビス攻略】

私がアビスに潜るきっかけになったのはホークでT1アビスをソロ攻略する動画でした。
当時アビス関連のコミュニティで話題になっていました。

ドロップがナーフされる以前で、トリグラビアン関連の品が現在よりもはるかに高値で取引されていた時期だったこともあり、一回潜って30M以上の戦利品が手に入りましたから簡単な金策手段としても優秀でした。200M相当のFitの船代が少々ネックでしたが、1時間で元が取れたので当時は問題ありませんでした。
ですが、今では投資に対して利益が少なくなってしまったので、手ごろなFitで簡単に攻略できないものか試行してみたところ、60M程度で組めるホークができたので参考にしてください。

参考Fit
このホークでCalm Dark(T1)に潜ります。
Calm Darkフィラメントがタダ同然で出回っていた時に大量に買い込んでおいたのでダークに潜る用にしていますが、このFitと使用するミサイルの属性だとキネティックにペナルティがあるCalm Exotic(T1)の方がより早く攻略できます。

時間効率はエキゾチックが優位ですが、安全面ではダークです。
耐性へのペナルティがないこともありますが、ダークはタレットにペナルティがある上に速度上昇のボーナスがあるので、厄介なダマヴィクなどの小型艦の攻撃がほとんど当たらなくなるからです。
こちらが止まっていたとしても、1500~4000m/s以上のハイスピードでオービットしてくるので、自艦の動きが速すぎてトラッキングが追い付かない状態になり敵の弾がほとんど当たりません。

スタンダードスカージミサイルをメインで使って、巡洋艦以上、特に対戦艦で時間短縮のためにFury弾を使います。
このスペックだと戦艦とローグドローンの巡洋戦艦以外は弾をよける必要もなく、止まったままロックオンしてミサイル発射しているだけで攻略できます。
念のためスタンダードブルーピルを携帯していますが使ったことはありません。

所持スキルが十分であれば散歩気分でアビサルを素通りできます。

2020/5/3追記
スキルが足りていなくてCPUやパワーグリッドが厳しい場合は、
シールドハードナーをUpgraded EM Ward Amplifierに
アフターバーナを1MN Y-S8 Compact Afterburnerにすれば問題なくFitできると思います。
とりあえず乗れてもスキルがあまりにも低いと余裕で攻略できるとは限りません。最低でもアサルトフリゲートはLv4ほしいです。

下にこのFitのホークでの攻略動画がありますので見てください。


【アビサル・エレクトリカル ケストレルでソロ攻略】
激しめのところだけ見たい方はこちらから。
ちなみに私はPVPど素人です。生意気言ってごめんなさい。
逆にですが、この程度の練度がないと単騎でのフリゲートPVPは難しいと思います。

Abyssal T1 Dark Solo Hawk


2020/5/3追記
T1アビス攻略できるクルーザーの例も1つあった方が良いかと思ったので、参考Fitを載せます。
使用したアカウントの所持スキルが低めのものとしてMallerを選択しました。
これでCalm Electrical(T1)に潜ります。

キャパシタはアビスのボーナス込みでも安定しないかもしれませんが、Medium Ancillary Armor Repaier(MAAR)を切った状態で余裕をもって安定し、アクティブモジュールを全稼働させてもMAARのナナイトが切れるまでは十分持ちます。

所持スキルのMedium Energy TurretがLv4なので武器はT1品です。
アマー・クルーザーのスキルレベルも4です。
ドローンは、はじめにT2品を使ってみましたが、シップボーナスが無いとおまけ程度の性能しかないし、火の粉の環境効果で簡単につぶされてしまうのでT1品にしました。
クリスタルもノーマル弾のみ使用します。
中型砲だと小型艦を撃つのが難しいので、ウェビファイアとトラッキングを向上させるリグを2つ積んであります。
MAARはもしもの時のために積んでありますが、20回以上潜っても一度も使わなかったので、外してしまってレジ上げか火力上げに換装してもいいかもしれません。コンバットブースターも使用しませんでしたが、お守りとして携帯しています。
Pax Amarria(パックス・アマリア)はアマー艦に搭乗する際には必携です。自称アマー信者でもこれを持っていない(あるいは存在すら知らない)プレイヤーはなんちゃってアマー人です。船のスペックには何の影響もありませんが、プレイヤーの気持ちを高める効果があります。マーケットでNPCが低価格で販売しているので買いましょう。私はアマー信者ではありませんが、アマー艦にのるときは懐に忍ばせることにしています。

操船の注意事項です。
Propをマイクロワープドライブ(MWD)にしているので、オンにすると当たり判定が非常に大きくなります。
戦艦に接近する際、スパイラルインをしても直撃を喰らいやすいです。特にレシャクの当たり続けると威力が上がるトリグラ砲には注意しましょう。タンクできなくなる威力になる前にMWDをオフにして一発かわして初期火力に戻してやれば問題ありません。
アフターバーナーなら戦艦砲からの脅威が減りますが、今度は移動速度が遅すぎて、遠くに逃げる戦艦に追いつくのにかなりの時間を消費しますし、近寄ってほしくない高火力ローグドローンBCに速度負けしてしまいます。

このFitを少しいじればT2アビスの攻略も可能だと思います。
変更は砲をT2品にするだけです。
クリスタルもT2弾2種とMultifrequencyとStandardの海軍弾を追加します。

試行回数20回程度の詰めが甘いFitなので改良の余地がありますが、おおむねこの方向で組めば問題ないと思われます。

T2アビスはT1で現れないヴェドマクが出たり、その他のNPCの数とニュートやウェブ等の妨害系も増えるので、厄介なNPCが倍になると思っておいた方が良いです。

0 件のコメント:

コメントを投稿