2020年10月7日水曜日

ソロで行くワームホールの渡り方と儲け方(はじめに

記事の中でワームホールに関するゲーム内用語や基本情報の説明は省きます。Wiki等(特にUNIWIKIが詳しい)を読んで一通り理解していないと何が書いてあるか分からないかもしれません。記事の最後に簡単(雑?)な用語の説明をいくつか載せておきます。

初めて入ったワームホールはEVE Gate見物に行った時にNEW EDENシステムに開いていたドリフターホールです!でおなじみの「Jitaの穴」っです!

[謎が多すぎるワームホール]

今回からワームホールスペース(以下WH)について書くわけですが、正直に申しまして未だ理解していないことが多いです。

例えば接続の法則についてです。

プレイヤーが到達可能なすべての星系を踏破したことで一躍時の人となったKatia Saeさんですが、彼女が既知宇宙の探索を完了し、WHの制覇を決意した時にある作戦を立てました。
ランダムに接続されるワームホールの性質を利用し、Theraを拠点にして接続されるWHをしらみつぶしに探索し続けていれば、いつの日か全てのWHに到達するだろうというものです。

TheraはC1~C6の通常のWHとドリフターホールやシャッタードホールなどの特殊なシステムすべてに接続する可能性がある(とされていた)ので、この方法は時間がかかるにしても確実と思われていました。
しかしながら開始からしばらくして彼女は気づき始めました。
はじめの頃は新規のシステムばかりだったのが半分になり、ついにはほとんどのシステムが重複するようになります。
当然のように思えますが、問題は多くの未踏のシステムを残した状態で起こったことです。残りのシステムの数に対して重複する確率が高すぎる。
私も何となく感じていたことですが、繋がりやすいシステムと繋がりにくい(あるいは繋がらない)システムがあるということです。
最近では繋がりやすいリージョンが緩やかに切り替わっている可能性もあるように思えてきました。

一般的に知られている接続の法則。C5はC5と繋がりやすい(C5ハイウエイ)とか、通常のC4は既知宇宙に静的接続を持たないとかそういうことではなく、例えばC1に静的接続をもつC3でも、つながらないC1システムが存在している可能性が高いことです。
ワームホールは既知宇宙と同様にRegionやConstellationにグループ化されています。
JitaでいうとRegion:The Forge、Constellation:KimotoroというようにWHにも都道府県、市町村のような住所が割り当てられています。
参考として、一部のWHはこのようにグループ化されています。
同じリージョンのシステムは既知宇宙と同様に宇宙の背景を共有しているので、見た目からも判断できます。

私は試しにハイセクに静的接続を持つ1つのワームホールに1キャラを配置して、2か月ほど毎日ハイセクのどこに接続されるか観測したことがあります。2か月と言っても60回足らずのデータにしかならないので説得力に欠けますが、ハイセク行き静的接続の3割がDomainに接続されました。結果だけ見ればハイセクの全リージョン数に対して極端に集中しすぎています。
偶然かもですけれど。

Katiaさんはあまりにも難航するWH探索に行き詰まり、彼女が所属するシグナルカルテルに助けを求め、多くの有志のメンバーとともにワームホールで接続された星系のデータを取り続けながら、それらを元に接続の法則の数式化(ゲームプログラムの解明)プロジェクトに着手します。
彼女の探索を記録したブログに時々プロジェクトの進捗状況についての報告がありますが、彼女の旅が終了してブログが完結した時点では完全に解明できていないようでした。


[ワームホールの謎が解明されにくい理由?]

WHの謎は「スリーパーって何?」とか「ドリフターとの関係は?」とか実際のゲームプレイに直接関係しない、バックストーリーに込められた謎を除いても、その多くはWIKIに載っていないという意味で一般的に知られていません。

老舗のワームホールコーポのベテラン勢の中には、プログラムレベルの解明でないにしろ、経験からかなり具体的に理解している方がいるかもしれません。
しかしながら、たとえそれらWHの謎、特に接続の法則が解明できていたとしても、一般的になるとワームホーラーの死活問題になると思われるので、門外不出、一子相伝の奥義書のごとく扱われることになるでしょう。

単純にWHに興味を示すプレイヤーが少ないだけ?
ありうる!


[よく分からなくてもダイジョウブなWHソロ活動]

だらだらとよく分からないことについて書いてしまいましたが、次回からよく分かっていない私でもできるWHの渡り方と儲け方について、一人でできるその具体的な方法を解説していこうと思います。

たぶんダイジョウブ!


〈用語説明〉
既知宇宙:ハイ、ロー、ヌル。
Thera:WHで唯一NPCステーションがあるシステム。全システムで二番目に広い。
C1~C6:WHのレベル。C1(クラス1)弱い。C6一番強い。
静的接続:WHのシステムごとにある常時接続系穴。消失しても短時間で復活する。詳細は今後の記事で扱う予定。

話しは変わりますが、トリグラビアンの侵略でファイナル・リミナリティーに達したシステムがついに27になりました。
トリグラビアンは数週間前からビルボードをジャックして侵略に関する声明を放映中です。
トリグラ部(トリグラ派のプレイヤー)の方々はその内容から、27のシステムを占領することで何かメデタイことが起こると推測しているようです。
ピタゴラス教団並みに数字にこだわるトリグラビアンは「3」が大好き。3の3乗、つまり「27」は彼らにとって特別な数なのでしょう。
リミナリティー・システムが「アビサルに飲み込まれてスターゲートからアクセスできなくなるのではないか」とか「三角形のジャンプゲートで接続されるワームホール・スペースのようなものになるのでは」とか色々な憶測が飛び交っています。
該当するシステムから撤退するようCCPから警告もありましたし、資産を置いたままにしている方は早く回収しておかないとステーションやストラクチャごと亜空間に飲み込まれて粉砕されるかもしれないのでご注意を!

2 件のコメント:

  1. 最近eveをはじめてハイセクの探検はサイトが全然なく、ヌルセクはたどり着けるかわからずWHでちまちま稼いでいたので記事の続きとても楽しみにしています!

    返信削除
    返信
    1. 最近EVEを始めてもうWHに潜っているとは!
      末恐ろしい。
      私はWHが怖くて、意を決して最後に出入りするようになった領域です。
      当ブログがお役に立てれば幸いです。

      削除